台湾をはじめ香港やシンガポールなどの華僑の
レストランやオフィスの中で金魚が泳いでいる水槽が
置いているのを見たことありませんか?

あれは、風水が理由で置いていることがほとんどです。

風水では、外から入ってくる金運は
「活水(動水)=動いている水」にたまるといわれています。

そして、金魚の中国語での発音は金餘(お金が余るよいう意味)
と同じ発音になることから、
金魚は金運アップのシンボルとされているのです。

よって、水槽の中で金魚を飼うことは、
金運アップのシンボルが泳ぎ回って活水を作り出すことから、
最強の組み合わせと言えるわけです。

おまけに、彼らは基本的におめでたい色である「赤」が大好きですしね。

では、最も効果的な金魚水槽の置き方について~

2004年2月から2024年2月までは、
お店とかオフィス内の南西に置くことです。

そして9匹の金魚を入れ、その中の1匹だけは黒い金魚にするとイイですよ。
もちろん、南西でなくても9匹でなくても、問題はないです。