日本で大人気の「鬼滅の刃」ですが、
台湾でも大変な人気になっています。

何故こんなに人気があるのだろう?

と気になり、私も見てみました。
(世の中を知っておくことは必須です)

マンガ本(まだ途中です)、アニメ(全26話)、映画(無限列車)
と一通り見ました。

映画は、もう涙腺崩壊で恥ずかしかったです・・・

さて、内容はと言えば、ご存じの方がほとんどかとは思いますが、

ヒーローが悪者ををやっつける

という、いたってシンプルなんですが、
これって、不変のテーマなんですよね・・・

桃太郎さんが犬やサルを連れて鬼退治したのとまったく同じ。

桃太郎が炭次郎で
犬やサルが善逸と伊之助、
鬼は、そのまま鬼!

あるいは、日本人で見たことがない人はいないであろう水戸黄門。

炭次郎が水戸黄門で
善逸・伊之助がカクさん・スケさん、
鬼が悪徳代官

結末はわかっているのに、なぜか見てしまう・・・

誰もが好きなんですよね、
「悪者をやっつけるヒーローもの」・・・

でもって、悪者退治が困難であればあるほど、
感情移入ができます。

特に今の世の中が、コロナでおかしくなっていることもあって、
コロナと不気味な鬼が、重なって、
余計に受けているんだと思います。

多くの人の心の中に、
どこからかヒーローが現れてコロナをやっつけて欲しい、
って、あると思うんですよね・・・

しかし、「鬼滅」、
コロナはやっつけられないけれど、
鬼滅の経済効果、スゴイですよね~

映画の興行収入だけで、すでに200億円を超えています。
さらにそれに伴うキャラ使用などを考えると数千億だそうです。

コロナ不景気な今、
鬼滅はコロナの救世主、と言えますよね。

実際に日本、寒くなってきたこともあって、
コロナがまた勢力を奮い始めました。

この勢いだと、また、アチコチで規制をしないわけにいかず、
多方面に悪影響が出るでしょうね・・・

特に旅行業や店舗営業の方は、厳しくなりそうです。

こういう時代は、何としても、自分で稼ぐ力を身につけないと
ヤバいです。

コロナのせいで、お客様が来ないとか、
出勤日数を減らされたとか
会社を首になるかもしれないとか、

こういうのって、自分以外の「世の中の状況」のせいで、
自分の生活が脅かされるわけですよね。

あるいは、DVの夫と生活費のために離婚できない、
なんていうのもそうですが、

こういうのって、キツいですよね。

「鬼滅の刃」の中に、富岡義勇が、主人公の炭次郎に

「生殺与奪の権を他人に握らせるな!」

と言うセリフが出てきます。
まさにそうだと思います。

画像はマンガ「鬼滅の刃 一巻」(集英社)からお借りしました

自分自身に稼ぐ力がないと、
『自分より立場の強い人』
に生殺与奪の権を握られることになってしまいます。

今の時代は、経済的自由を得ていることが、

「生殺与奪の権を他人に握らせるな!」 となります。

こういう時代だからこそ、自分で稼ぐ力を身につけないと、
やはりヤバイわけです。

もし、あなたが一生困らないだけの貯金がある人は別として、
それ以外の人は、この機会にしっかり考えてみてくださいね。

「生殺与奪の権を他人に握らせるな!」

ですよ!