本日は、先日鑑定した方についてなんですが、その方はそれまで日本で順調にサラリーマンとして歩んできたのに、台湾に来てから、どうも歯車がかみ合わない、仕事がうまくいかないという方がいまして、そのことについてビジネス占術師の立場からお話したいと思います。

さて、この方は日本の一部上場会社の台湾支社の責任者として台湾にいらしたんですね。駐在員さん、というわけです。

仮にAさんとします。Aさんは、台湾に約2年半前にいらっしゃいました。アラフィフで赴任が決まった時は娘さんが高校生だったこともあり、ご本人だけ単身赴任でいらっしゃいました。台湾は、日本人学校は小中だけなので、高校生だと台湾現地校かインターに行くしかダメなんですよ。そうすると、普通に日本で育ったお子さんだと厳しいわけで、お子さんだけじゃなくて、親御さんも難しい。ですから、高校生は、親にくっついて台湾に来るのは学校の事を考えると無理なわけです。子供を全寮制の学校に入れるとか、おじいちゃんおばあちゃんにお任せして、子供は日本において、奥さんは台湾に来るという方もいますが、まぁ、ほとんどの場合は、単身赴任ですね。まぁ、そんなわけで、このAさん、単身赴任で台湾にいらしたわけです。

もちろんお一人ですから不自由もあるかとは思いますが、家族に煩わされることなく、お仕事に専念できるわけです。家族同伴だと、本人も台湾に慣れていないのに、家族のケアをしなくちゃいけないから、最初の頃はかなり大変なんですよね。

で、このAさん、そういうお仕事に専念できるいい環境だったのですが、台湾に来てからのお仕事、ことごとく裏目に出ちゃうんですよ。聞けば聞くほどお気の毒なくらいついていない。まさに貧乏くじひかされた感じ。台湾支社のトップとはいっても、サラリーマンですから日本の本社から厳しいお叱りを受けちゃうわけですね。そして、査定も悪くなるわけですよ。そこへ来てコロナです。結局、この会社の台湾支社閉鎖が決定してしまいました。コロナなんてAさんには全く責任はないけれど、まぁ、仕方ないですよね。でもね、Aさんのサラリーマンとして経歴には傷がつきます。Aさんがこっちのトップの時に撤退ですから。いくら理由がコロナでもね・・・

でですね、Aさん、生年月日から四柱推命で彼の運勢を見るわけですが、もともと持っている運は結構いいんですよ。まぁ、そりゃあそうですよね。そもそも海外駐在員さんなんて、やはり運がいい人が多いんです。海外に支店を出すような会社に入れて、まぁ、そういう会社は給料とか福利厚生がいいのが、一般的じゃないですか?そして、その中でも海外に派遣される、なんていうのは、やはり、いい運を持っている人が多いんです。いい学校出ていい会社に入って、その中でもそれなりに出世して・・・

もちろん、ご本人の努力もいっぱいあることとは思いますが、そういう努力ができる環境にある、というのも運がいい、ということなんです。あと、努力ができる能力、というのも恵まれた才能なわけでして、とまぁ、海外駐在員になる人の多くはいい星の下に生まれてきている人が多いわけです。Aさんもそうなわけです。でも、台湾での駐在生活は最悪・・・で、彼の運気の波、つまりバイオリズムを見たんですが、今の運気、特に悪くないんですよ。どんな人にも波はありまして、生まれながらに運がいい人はこの辺からスタートしたとしても、こんな風に波があるし、運が良くない人は人なりに、この辺からスタートして、こんな風に波がありますよね。ちなみに上手に生きていると、つまり、運がよくなるような習慣を持って生活していると、波がありながらこんな風に上がっていって、反対に、運が悪くなるような生き方や考え方をしていると、こんな風に下がっていくわけです。で、まぁ、誰にでもあるこのバイオリズムですが、高い時に積極的に動く、低い時にはできるだけ余計なことをしないでじっとしているに限るんですが、このAさん、バイオリズムで見ても、台湾に来た時期は決して悪くないんですよ。

つまりですね、本来持っている運も、こっちに赴任してきた時期も悪くないんです。

それなのにAさんの台湾での仕事はボロボロ。もちろんまじめにお仕事していらっしゃいますよ。中には羽目を外しちゃっておかしくなっちゃう駐在員もいますが、Aさんは、決してそんなことはありません。一体なんで、台湾ではこんなに良くないんでしょう?

ふっと思いついて、奇門遁甲で見てみることにしました。これって三国志の諸葛孔明が使っていた方位術なんです。今いる時点から見ての氣のいい方位をさがして、移動する、という術ですね。日本の一般的な方位術に比べて、いろいろかなり細かい設定がいっぱいあります。で、Aさんが、日本から台湾に来た時期ですね、日本から見ると台湾は西南ですね、この時期、Aさんにとって西南は最悪なんです。もうこれでもか、というくらい悪い。この場合はちょっと方位取りのために旅行にいこうかしら~というレベルではなくて、住まいも職場も移動ですよね、しかも日本から台湾までですから、距離もかなりある。これではより影響をうけますよ。年盤と月盤日盤どれで見ても最悪なので、これから、もっともっと悪くなると思うんですよ。悪い作用がまだ始まったばかりくらいです。
というわけで、Aさんは本来持っている運もバイオリズムもよい方なのに、なぜ、台湾での仕事がことごとくよくなかった理由はここにあったようです。

でもね、Aさんの会社、撤退なわけで、Aさんももうすぐ帰国なんです。

で、台湾から日本、東北ですね、で、彼が帰る時を同じように奇門遁甲で見てみたら、めちゃいいんですよ。これなら、日本では活躍できるはずです。いい移動なんですよ、今度の帰国は!これなら、台湾での汚点も挽回できると思います。本当に良かったです。

しかしですね、サラリーマンというのは、自分で時期とか場所とか、選べないですよね。会社次第ですからね・・・本人の運や努力とは違うところで、こんな風に影響を受けちゃうので怖いなぁ、と思います。

あなたも、今までいい方向に回っていたのに、引っ越しや転勤を機に、なんか歯車が狂った感じ、なんてありましたら、もしかしたら異動の時期と方角が悪かったのかもしれません。もちろんたまたまあなたのバイオリズムが悪いゾーンに入ってしまっていて、たそれが移動の次期と重なった、ということもありますけど・・

どちらにしても、本人の努力だけではどうすることもできないこともあります。そういう時は、もちろん、いい時期にいい方向に移動しちゃうのがベストですが、仕事とかだとどうにもできないこともあります。それなら休みの日とかに、いい方向の氣を頂きに行く、とかを繰り返し行って、少しづつ良い氣を貯めていく、とか家の中の風水を整える、とか、まぁ、そういうことを積み重ねていくしかないかなぁ、なんて思います。